【上司ガチャ ハズレ!😭】会社辞めたい!こんなときの対処法は三つだけ

私は上場企業の新入社員から執行役員まで経験しました。残念ながら上司ガチャのハズレは確実にあります。そして40年の会社員体験から断言します。上司ガチャのハズレ対処法は三つだけです。 

目次

上司ガチャがハズレで会社を辞めたいときにとるべき行動3選

上司ガチャでハズレがでたときの具体的対処法

上司ガチャでハズレがでたときの対処法は下記の三択しかありません。

  1. ハズレ上司を受け入れる
  2. ハズレ上司を【期間限定】で受け入れる
  3. 会社を辞める

会社を辞めるとかミもフタもなくてすみません。

なぜこの結論しかないのか?次章から理由と対策を書いていきます。

その前に上司ガチャのハズレの分類だけしておきますね。

会社を辞めたくなる上司ガチャの分類

上司ガチャのハズレはつぎのようなパターンがあります。

  • 仕事ができない上司
  • ハラスメント上司
  • 性格が悪い、もしくはあなたと合わない上司

さあ、それでは実際にハズレ上司の対策です。

上司ガチャがハズレでも受け入れるべきパターン

では結論の中の「上司を受け入れる」とはどんなケースでしょうか。

それはズバリ、仕事ができない上司の場合です。

視点を変えればガチャのハズレ上司はプラスにもなる

仕事ができない上司はイライラすることが多いでしょう。しかしこれはあなたにとってチャンスになります。

会社の中の見る人が見れば仕事のできるできないは必ずわかります。

そして「できない上司」の下にいる「できる部下」はコントラストで通常以上に目立つことができるのです。

さらにガチャのハズレ上司は、できなさ故にあなたを頼りあなたに一目置くようにもなります。

あなたは「できない上司」との関係性を良好に保ちさえすれば、できない上司は必ず頼もしいあなたの味方になります。

そして人事評価もプラスアルファの点数がつきがちです。その結果、あなたが社内でステップアップしていく確率が高くなるのです。

上司ガチャのハズレを幸運グッズに

つまりあなたは、上司のできなさに憤慨するだけでなく、もう一枚上手を行くべきです。

できない上司のフォローにまわるとあなたは通常以上に輝いてみえて周囲の見る目も違ってきます。

言葉は悪いのですができない上司を「利用する」という器の大きさを持つべきです。

上司ガチャがハズレでも【期間限定】で受け入れるべきパターン

次に「ハラスメント上司」と「性格が悪い、もしくはあなたと合わない上司」の場合です。

この場合「上司を【期間限定】で受け入れる」か、「会社を辞める」かの二択になります。まず「上司を【期間限定】で受け入れる」べきケースをみていきましょう。

具体的には次のケースです。

  • 会社内で異動や転勤が期待できる・・【期間限定】でガマンする
  • 「喧嘩上等」で雌雄を決する・・【期間限定】で様子をみて限界を超えたら闘う

詳しくみていきます。

異動や転勤があり一緒にいる期間が限られている

ハズレ上司とはどうせいつかは離れるんだから

異動や配転がある会社はいつまでもその上司と一緒にいるわけではありません。別れるタイミングを待ちましょう。

現代は経営側もハラスメント事件を嫌がるので、人事課に相談すると異動に積極的に対応してくれるようにもなっています。

ハズレ上司との過ごし方

とはいえ、ハラスメント癖があったり性格が悪かったりするハズレ上司と一緒にいるのはいやですよね。

しかしそのときはこれも修行だと腹をくくるしかありません。「ずっと一緒にいるわけじゃなく一過性のつきあい」だと割り切るのです。

実際、人間関係の苦労は自分が部下をもったときなどの経験則にもなります。

しかしあくまでもハズレ上司のことを考えるのは仕事をしているときだけに限定してください。しなくてもいい反省をしたり自分の運の悪さを嘆いたりはタブーです。

ハズレ上司のことなんかに時間を割くのは無駄です。プライベートの時間は意識の外に置くようにします。

どうせそのうち離れていくのですから・・

『喧嘩上等!』ハズレ上司と闘う

お互いの誤解等もありますからしばらく(期間限定)ハズレ上司との様子をみる必要もあります。そしてやはり我慢できないとなったら、下記のケースは闘うべきです。

ハズレ上司以外の信頼できる上司がいるか会社にヘルプラインがある

ハズレ上司以外の信頼できる上司がいる場合は、その人に相談してみましょう。

ハズレ上司に直接注意してくれたり、悩みを解決する方法を教えてくれたりが期待できます。

やっかいをかけるかもと恐縮しちゃうんです
信頼を集めている人は相談されることに喜びを感じる人が多いから心配ないよ

また社員の悩みを聞くヘルプラインがある会社も増えています。ただお飾り的な存在で、閑職にある人が担当していることもあります。

この場合ことなかれ主義で済まされることがあるので注意してください。

ハズレ上司との職位や年齢が近い

たとえば社長と喧嘩しても勝ち目はありません。しかし職位が近かったり(例:主任と課長)年齢が近かったりした場合は上司といえども遠い存在ではないので闘う意味はあります。

私の経験則からいうとハラスメントがあったり性格の悪い上司は気が小さい人が多いです。そのため必要以上にマウントをとりたがることもあります。

こういう場合はハズレ上司と直接対決も大いにアリです。あなたが正しい場合は思わぬ援軍がでてきたり、ハズレ上司だからこそ案外ヘタレキャラだったりもします。

また勝てないまでも『手ごわい』という印象をつけておけば、ハラスメントが止む場合も往々にしてあります。 

このように闘うことで、ハズレ上司との関係において受け入れられるような改善も期待できます。

そしてこれらを試した結果、どうにもならない場合は次に述べるように会社を辞めたほうがいいです。

上司ガチャがハズレなら迷わず会社を辞めたほうがいいパターン

運悪くガチャで上司にハズレてしまった場合、期間限定にもあてはまらないなら会社を辞めたほうがよいです。

具体的にはつぎのような場合です。

他の支社や部署への配転が期待できない

会社が本社のみで他の支部への転勤がなく、部署の異動も極めて可能性が低い。

そうなるとハズレ上司とのつきあいが切れません。

前章で述べた対策ができない、あるいは効果がない場合は少しでも早く会社を辞めることをお勧めします。

ハズレ上司と闘っても勝つ見込みがない

例えば上司ガチャのハズレをひいたけど、それが同族会社で社長の親族であった場合も勝ち目はありません。

またあなたが管理職であってもハズレ上司が社長や専務のようにあまりにも地位が離れている場合も勝ち目はありません。

私自身も闘っても勝ち目のない会社のナンバー2と対立しパワハラを受けました。結果として予想外の社内自浄作用が発動しナンバー2のほうが会社を去ったのですが、これはレア中のレアケースです。

もともとハズレ上司が権力を握っている会社なんてロクな会社じゃないですから辞めたほうが賢明です。

ほんとに会社って簡単に辞めてもいいの?

「人間関係の悪さだけで会社を辞めるなんて・・」

と思われるかもしれません。

ただ人間関係というのは会社生活のなかで最も重要視すべきです。退職の理由が最も多いのは人間関係ですしストレスで最も深刻なのも人間関係です。

これから長い会社人生をストレスまみれで生きていくのは辛さだけしかありません。

また合わない上司といると能力も正当に評価されません。

会社は自分がこれから長く生きていくステージです。

年齢的なこともありますが、事情が許すなら早急に会社を辞めるべきです。

まとめ・・上司ガチャでハズレをひいて会社辞めたいとき

  • 上司ガチャのハズレが「仕事できない」ならチャンスだと思ってハズレ状態を利用する。
  • 上司ガチャのハズレが「ハラスメント」や「性格が悪い」だったら期間限定で受け入れてみる。
  • 異動や配転でハズレ上司と離れることが予想できるなら修行と思って受け入れる。
  • ハズレ上司と職場が一緒の間は仕事時間以外は上司のことなど忘れてしまう。
  • 勝算があるときは「喧嘩上等」で闘う。
  • 勝算がないときは闘っても意味がないので、会社を辞める。
  • 簡単に会社は辞められないが、人間関係で大切な人生を辛くするほうがマイナスは大きい。

最後になりますが、苦労は絶対に無駄にはなりません。

上司ガチャのハズレは不運ですが反面教師に接しただけでも今後の糧にもなります。

↓ クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事をシェアする

コメント

コメント一覧 (63件)

JasonSut へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる