会社なんてやめたっていい

タイトルの「やめたっていい」ということについて語ります。

目次

会社にいる時間は長い

会社って一日の大半を過ごし、それを何十年も続けるところですよね。だからつらい場所であったらそれこそ人生がつらいことにもなってしまいます。だから人生ってどの舞台を選ぶかが大切だと思います。

私は転職も経験していますが、転職してみると職種というよりも会社によってカラーが全然違うことも思っていた以上でした。だから今いる会社がすべてと思わずに、つらいなら舞台を変えるということも選択肢としてもっていれば気が楽になります。でもその反面、嫌ならすぐやめた方がいいとも思っていません。少しの不満が我慢できなかったり解決する努力をしなかったりという状況ばかりだと今度は居場所がなくなります。

じゃあ会社を辞めることを考えるのはどんなタイミングでしょうか?

やめてもいいと思うとき

具体的にはつらい時期が半年以上続いたらやめることを視野に入れてもいいと思います。

私の経験ですが仕事上の悩みやつらいことが続くのは長くて半年です。半年の間に状況が変わったり思いもしないところから解決策が湧いてきたりするものです。私が最初の会社を辞めることを意識したのは会社へ行くのが嫌で朝起きるのもつらい時期が半年以上続いたからです。実際の転職が実現するのは辞めることを意識してから1~2年経ってからですが・・。

私はこの辞めるということを選択肢においたことで随分気が楽になったことを覚えています。

ゆるく考える

タイトルを「やめたっていい」にしたのは、あなたがもし会社で苦しんでいたら問題解決に躍起になるばかりでなく「やめたっていい」とゆるゆるに考えたほうがいいですよと言いたいんです。今まで私の仲間がすごく凹んでて彼ら彼女らから相談を受けたり愚痴を聞いたりしましたが、みんな常に会社は辞められないという大前提にたっていました。

その理由はちゃんとあるんです。家族を養わなければいけないからリスクはとれないとか、年齢的に今以上の好条件の職場が見つかると思えないとかというもっともな理由が。で、結局はその板挟みで身動きできずに袋小路に入っていくという傾向はありました。

でも・・

「やめたっていい」はやめてもいいし、やめなくてもいいんです。

例えば転職サイトに登録するだけでもいいんです。随分前のことですが、私も転職サイトに登録したとき色々な企業の紹介があり袋小路と思っていた壁から幾筋も光が見えました。

「なんだ、生きてく方法っていっぱいあるのか。」って可笑しくなったことを覚えています。

そして「やめたっていい」と開き直ってからは気が楽になり、いちいち真正面からぶつかっていた問題も気楽にスルーできるようになりました。

だから会社って今いる会社だけじゃない。つらければやめたっていいとまずは自分自身を許してあげることが大事だと思います。

でも「やめたっていい」と思っても結局やめられないから、思ってもムダ?・・案外そうでもないんです。私自身は「やめたっていい」と思ってから不思議な体験もいろいろしました。それらをまた語っていきますね。

今日の癒やし画像です。本文とは関係ありません(笑)。

SONY DSC

↓ クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事をシェアする

コメント

コメント一覧 (159件)

Waynegrife へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる