辞められないと「決めつけ」ることをやめる  会話編

こんにちは。ハルサカです。
こんにちは。コーヘイです。
抱えてる悩みが大きい人ほど会社を辞められないという決めつけが強い気がしますね。
そうなんだ。解決に向かうスタート地点がフラットではなく思いっきり辞められないに傾いてるから視界も狭くなる。そこでものを考えるから悩みも膨らみ続けるということになるよね。
でも選択肢に会社を辞めることをいれたとしても、辞めた後のことを考えると選択肢にはなっても現実的な解にはならないんでしょうね。
うん、今の会社がイヤでもなんとかやっていけそうという人はそれでもいいと思う。でも以前のオレみたいに現状に耐えられないという人は会社を辞められないという「決めつけ」だけでも取り払わないと行動に絶対に繋がらないんだ。
一念発起して行動してみても結局何も変わらないという現実を再確認するのが怖いのかもしれません。
現実に失望してる上に思い切って行動してみたら、結局希望まで絶たれることになったら凹むよね(笑)。
いや、ハルサカさん、ここは(笑)じゃなくて・・
言ってることが、まさに昔のオレだったから思い出して笑ってしまった。
やっぱり転職活動ってそんな感じでしたか。
うん、何社も面接したけど決め手がなくて、決断がつかない。そうするとイヤな現実は変わらないわ、希望をもって転職活動したもののそれもダメだわで残るのは絶望だけたった。
それはつらいですね(笑)。
おまえが笑うな(笑)。

でもそのとき気をつけてたのが、どうにもならない自分を許しまくることなんだ。自分は一歩踏み出したんだ。一生のことだからそんなにすぐに変わらなくてもいいんだ。少なくても今は現状打開のため自分は主体的に動けてるんだ・・って感じ。

確かにそう思わないと次が続きませんよね。
うん、そう思い続けていられたことだけは当時の自分を褒めたい。
会社を辞めることは時間軸で考えない方がいいかもしれませんね。
記事にも書いたけど、「決めつけ」だけはしまいと思ってた。何社も面接を受けたけどなかなか希望に合う会社がなかった。そこでも「やっぱり会社は辞められない。現実は厳しい。」という結論に戻ることだけは踏みとどまった。
そこであきらめたら終わってしまいますもんね。
うん。そこで転職活動を終了してたら、思うだけじゃなく行動してからのあきらめになるから、会社は辞められないという「決めつけ」はますます強固なものになってたね。
それが【思いもしないところ】から転職のチャンスが来ることに繋がったんですね。
自分が主体的にやった転職活動とは直接のつながりはないけれど、転職をあきらめなかったからこそ、その話がきた。自分がやった転職活動は実を結ばなかったけど、転職するんだという行動を起こしたからこそ、その話も耳に届いたからね。
あきらめなくてよかったですね。
だから耐えられないほど会社がつらくて苦しんでいる人には、あきらめてほしくないんだ。なにか行動を起こすとなにか現実は変わる。逆に言えば行動を起こさないと何にも変わらない。そして行動を起こせない最大の原因は、会社は辞められないという「決めつけ」なんだ。
でもハルサカさん、会社で凹むことはボクにもあります。それをクリアすることでそもそも会社を辞めるまでいかなくてもすむケースもあるんじゃないですか。
そうだね。今まで会社は辞めたっていいというスタンスで語ってきたけど、会社でのイヤな出来事の対処法はどうしたらいいかを次回から語っていくよ。
ちょっと話題を変えていくわけですね。会社を辞めたい人以外にも参考になるんじゃないですか。
いや、あくまでもオレの思うところだから教科書的じゃないよ。もともとこのブログは凹んでるひとを応援したいから始めたしね。

だから会社でバリバリやってるひとはスルーしてほしい(笑)。

↓ クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる